こだまのこだわり

埼玉県日高市でZooスポーツクラブという総合型スポーツクラブを運営しております。主にサッカーに力を入れていて、ドリブルをテーマとした個の能力アップを目的としています。http://zoo-sports.com/

パッと見は違うように見えても、実は同じようなこと

 

f:id:kodama-kodawari:20211201123613p:plain

 

 

どうも児玉です。

パッと見は違うようだけど中身は同じような事ってありますよね。

 

異曲同工

同工異曲ともいう。

・趣は違うようだが出来ばえは同じであること

 

サッカーで言えば、

ロスタイムとアディショナルタイム

 

そもそもロスタイム和製英語で海外では通じない言葉でした。

 

そこでJFAは、

2010年7月にロスタイムからアディショナルタイムへの変更を発表。

 

Jリーグ、JFLに統一するように通達します。

 

・ロスタイム=空費された時間(失った時間)

 

アディショナルタイム=追加された時間

 

でも、呼び方が変っただけで意味合いは同じ!

 

サッカーとフットボール

サッカーなのか?

フットボールなのか?

 

下記の記事が凄く分かりやすく説明してくれてます。

正式には、

ASSOCIATION FOOTBALL

 

このSOCにERをつけてSOCCER。

 

この違いは、

アメフトなど他の競技との呼び方に影響しないように「サッカー」と呼んでる国。

 

そのままフットボールと呼んでる国。

 

 

style.nikkei.com

 

これも呼び名が変っているが内容は同じ事。

 

■まとめ■

さて、まとめですが、

ここからが今回の本題。

 

私の時代では登校拒否といわれてた事が、

 

現代では不登校という呼称が主流になっている。

 

これは、

1999年に当時の文部省(現文部科学省)が呼称を改称しているからなんだよね。

 

でも、

これは意味が違うと思うんだよな~・・・

 

これも内容が同じ?? 違うよね??

 

 

私の年代の登校拒否だって理由は様々だったよ。

・シンプルに学校に行きたくない

・イジメが原因

・友人と遊んでる方が楽しい

 

こんな感じだった。・・・と思う。

 

ただ、

現代の不登校は何か違う。

・環境に馴染めない

・イジメが原因

・友人と遊んでるわけでもない

 

共通するのは人間関係か?

 

f:id:kodama-kodawari:20211214073222p:plain

 

 

 

私の時代で登校拒否だった知人は、

今は普通に生活してるし家族もいるよ。ホントごく普通にね。

 

いわゆるグレてた連中なんて全く学校に来てなかったけどさ、その人達の中に、今は経営者なんてのもいるよ。

 

 

おそらくなんだけど、

昔は心にゆとりがあったと思うんだ。

 

だから、他人にも寛容でいられた。

 

寛容な人が他人の面倒をみてくれたんだよ。

 

時に厳しく!

時に優しく!

 

真剣にね。

責任があるから叱れるし、温かいから褒められる。

 

 

でも今は違うよ!

 

腫れ物に触るように扱うんだ。

 

これって一見優しいようで真剣に向き合えてないと思うのよ。

 

今般の時代背景もあって、より一層問題は深くなるんじゃない?・・・

 

パ~っと気晴らしでもした方が良い!!

 

そもそも他人の評価なんて、所詮は他人の認識。

他人の認識に合わせる必要なんてないよね。疲れるし・・・

その人の為に生きてるわけじゃないんだから!

 

自分の人生を生きるなら他人の目を気にして考えてるより、その時間を自分磨きに使ってる方が全然良いと思うよ!

そうすれば賛同する友というか・・・一緒に取り組む戦友も出てくるからさ。

 

今般、ソーシャルディスタンスなんて言ってるけど、

心の距離が離れてる事には無関心なのかな。

 

温泉行きたい
 

 

■公式ホームページ■

 

f:id:kodama-kodawari:20211214082018j:plain



なんだか最近はマスクやアクリル板に対して有識者が不要だと言い始めたね。

マスクしてたら顔色や本音が分からなかったり、無言で食べて遮られてたら団らんなんて出来ないよね。

 

学校は子供達の心を育む場所なんだから!

 

ブログ村ランキング■
にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへにほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへにほんブログ村 サッカーブログへ